導入事例

健康促進コンサルティング「ストレッチ講座開催」

投稿日:2018年02月15日

某企業より、健康促進コンサルティングの依頼を受け、福利厚生の一環として、ストレッチ講座を開催しました。

1日中デスクワークをされていると、社員の大半の方が、肩、首、腰がパンパンに張っているとのこと。

そもそも筋肉が凝る原因は一つではありませんが、その最も大きな要因は、長時間「同じ姿勢」をとることにあります。

日頃、オフィスでパソコン業務をしていると、腕を伸ばした状態の同じ姿勢のまま、あっという間に2,3時間経っていた、なんてことはザラにありますよね。

収縮筋肉

同じ姿勢をとり続けるということは、筋肉の伸び縮みが行われず、筋肉が緊張状態におちいり、その結果、血液の循環が悪化し、筋肉への酸素供給が不足、老廃物が滞留することで、“コリ”へ繋がってしまいます。その状態を断ち切るためには、作業の合間に、筋肉を伸ばしてあげる必要があります。

「でも、どうやってやればいいかわからない?」

そこで、わざわざヨガマットなどを用意せずとも、デスクの前で椅子に座りながら、社内で簡単にできる、首肩こり、腰痛、目疲れによく効く適切なストレッチ方法を直接ご指導いたします。

年間200日以上オフィスでお仕事される中で、毎日のセルフケアは欠かすことはできません。

適切なストレッチ法を学び、効果の高いセルフケアができれば、社員様のお身体の調子もよくなり、質の高いパフォーマンスにもつながってまいります。

たった1回受けただけで生涯有効な、費用対効果の非常に高い“健康経営”の施策となります。

お気軽にご相談ください。

↑ PageTop